神话娱乐官方网站

社会的責任

当所は、設立以来30年経ちましたが、常に社会的責任を強く意識し、社会への還元を忘れぬよう心がけており、業界および事業分野で精進を重ね、究極のプロフェッショナリズムを求めると同時に、企業市民精神の実践に努め、真心を込めた愛、公衆に利益をもたらすことを責任とし、社会福祉事業に積極的に参加してきました。当所の心温まる行為は、中国司法部、全国弁護士協会および各地の主管部門から表彰や褒賞を何度も得ています。

 

「普」·法律による支援  中国8大「紅圏所(トップクラスの弁護士事務所)」の1つとして、当所は、自身の強み、弁護士の専門知識を最大限に活かし、経済的に困難な人々、特殊な案件の人々、特に遠隔地、貧困地域の人々に法律サービスを無償で提供します。弁護士チームは、現地に行って訪問や調査を行い、現地の実情に応じて法律サービスを実施し、新しい時代の知行合一の温かみのある法律従事者となっています。

 

「助」·貧困脱却の難関攻略  当所の上海支店は、上海徐匯区の重点企業の1つであり、党中央の「正確な貧困支援」という呼びかけに積極的に応え、徐匯区の姉妹会社と共同で「貧困脱却の難関攻略を助力し、手を携えて愛を伝える」という呼びかけを発起し、雲南など多数の省?市の貧しい郷や鎮に物資を寄贈し、実際の行動で貧困扶助?建設支援事業を支援してきました。貧困脱却難関攻略戦に揺るぎなく勝利し、小康社会(ややゆとりのある社会)を全面的に作り上げることに大きな貢献をしました。

 

「育」·多くの人材  2010年、当所は、「北京大学法学院競天公誠法律人材育成計画」の一部として、北京大学に社会的実践活動において優れた北京大学法学院の学生を表彰するための年に一度授与する「優秀実践奨学金」を設立しました。また、当所は、中国政法大学と、高素質法治人材育成協力計画を達成し、「中国政法大学準弁護士大会」の賛助弁護士事務所として全過程協力を行い、優秀な学生に実習の機会を提供します。当所はまた、清華大学の国際仲裁および紛争解決プロジェクト、国際商事仲裁「Beijing Pre-moot」を賛助し、華東政法大学などの大学と共同で実習基地の建設を行いました。当所は、これらの優秀な学生は必ず人々の期待に応え、それぞれの分野のリーダーになるように努力し、中国法律の進歩、「法治中国」の構築に積極的な貢献をすると確信しています。また、当所は、優秀なパートナーを有名な法科大学、商科大学の学校外指導教官として派遣しています。

 

「益」·西部地域の弁護士  司法部が打ち出した「西部地域の発展を支援するための公認弁護士計画」および西部地域の弁護士業の要望に基づき、当所を含む10の弁護士事務所は、共同で提議し「西部地域弁護士研修計画」を発起しました。当所は、東西部地域の弁護士業界と法律援助事業のバランスのとれた発展の推進に力を尽くし、実際の行動で西部地域の発展を支援することを願っています。当所は、社会的責任を高度に重視する弁護士事務所として、常に公共福祉の実現、社会への奉仕を崇高な使命とし、法律同盟や社会公衆のためにより高い価値を作るように努めています。

 

「行」?公益的な慈善事業  法律普及、貧困扶助、教育、業界レベル向上などのほか、当所は、社会や人々の生活にも大きな注意を払っています。設立後長年にわたって、100近くの公益プロジェクトに対し投資、発起、参加などを行い、様々な方式で社会や公衆への還元に取り組んできました。2020年に新型コロナウイルスの流行が始まった後、当所は、直ちに150万元近くの資金を募集して医療物資や救助基金の調達に用い、また直ちに新型コロナウイルス対応の最前線に駆けつけました。新型コロナウイルス流行期間には、当所は、常にその動向に注意を払い、社会各界と一緒に様々な困難を克服し対応しています。また、当所の多数のパートナーは、長期間にわたって国連難民高等弁務官事務所、国連グローバルコンパクトなどの国際組織に公益法律に関する相談サービスを提供し、非営利民間慈善団体、視覚障害孤児などの組織や個人に公益法律援助や定期的な物資支援を行っています。

 

現在まで、当所が参加した公益プロジェクトの直接受益者は1万人を超え、その影響は全国に広がっています。誤って邪道に陥った青年受刑者から一流大学の優秀な学生まで、また、遠隔地の貧困家庭から西部地域の未開発地域の法律同盟まで、当所は、様々な分野で様々な形式により、初心を忘れずに、公益事業の発展のために多くかつ新しい努力を払ってきました。


 

微信公众号 ×

Japanese-使用“扫一扫”即可添加关注

XML 地图 | Sitemap 地图